コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万度 マンド

デジタル大辞泉の解説

まん‐ど【万度】

1万回。よろずたび。
万度祓(まんどばらい)」の略。
万灯(まんどう)2」に同じ。

よろず‐たび〔よろづ‐〕【万度】

(多く副詞的に用いて)何度も何度も。何回も。たびたび。
「この道の八十隈(やそくま)ごとに―かへりみすれど」〈・一三一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まんど【万度】

一万回。度数の多いこと。よろずたび。
〔「万度祓ばらい」の略〕 「一万度祓」に同じ。
木の枠に紙を張って一万度の祓箱の形に作り、長い柄をつけた灯籠とうろう。祭礼のとき御祭礼などと書き、火をともして持ち歩く。古くは棒の先に一万度の祓箱を下げたという。まんどう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

万度の関連キーワードウォルフ‐ライエ星プラズマジェット宇宙の起源と進化ベラトリックス一万度の祓箱宮本 正太郎フェルミ準位万灯・万燈超新星残骸太陽フレア固体物理学熱核反応発光星雲融合兵器一万度祓バードン太陽電波縮退温度一万度万度祓

万度の関連情報