万度(読み)まんど

精選版 日本国語大辞典「万度」の解説

まん‐ど【万度】

〘名〙
① 一万回。よろずたび。
③ 長い柄(え)をとりつけてささげ持つ行灯(あんどん)。祭礼などに、四角な木のわくに紙を張って箱形につくり、某社御祭礼などと大書し、その下に町名、氏子中・子供中などと書きこれに花などを飾る。古くは棒の先に白幣をつけ、その下に大神宮の一万度の御祓箱を結びつけたが、後には大きい傘に短い幕をまわしたものなどもある。万灯(まんどう)
※談義本・虚実馬鹿語(1771)二「万度(マンド)のはなやか附祭りの祇園ばやし」

よろず‐たび よろづ‥【万度】

〘名〙 (多く副詞的に用いる) 多くの回数。何回も何回も。たびたび。
万葉(8C後)一・七九「川隈(かはくま)八十隈(やそくま)落ちず 万段(よろづたび) かへり見しつつ 玉ほこの 道行き暮らし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「万度」の解説

よろず‐たび〔よろづ‐〕【万度】

(多く副詞的に用いて)何度も何度も。何回も。たびたび。
「この道の八十隈やそくまごとに―かへりみすれど」〈・一三一〉

まん‐ど【万度】

1万回。よろずたび。
万度祓まんどばらい」の略。
万灯まんどう2」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android