コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

万葉がな まんようがな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

万葉がな
まんようがな

日本における漢字の用法の一つ。日本語を,原則としてその意味とは無関係に,その音と同一あるいは類似の音 (→漢字音 ) または訓をもつ漢字を用いて表記したもの。『万葉集』に多く用いられているのでこの名があるが,別名「真仮名 (まがな) 」ともいう。漢字の音を利用したものを「音仮名」 (阿里〈アリ=有〉,夜麻〈ヤマ=山〉) ,訓を利用したものを「訓仮名」 (日香(流)〈ヒカ(ル)=光〉,山跡〈ヤマト=倭〉) という。奈良時代までは,同音を表記する異字が増加の傾向にあったが,奈良時代末頃からは次第に単純化し,1字1音節のものが用いられ,異字も少くなっていった。平安時代になってひらがな片仮名が発生するに及び,万葉がなは次第に用いられなくなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

万葉がなの関連キーワード新訳華厳経音義私記漢字仮名交り文上代特殊仮名遣仮名遣奥山路字音仮字用格古言衣延弁たゐにの歌古言清濁考新撰字鏡仏足石歌歌経標式石塚龍麿草仮名異体字訓点仮借男手女手

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

万葉がなの関連情報