コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真仮名 まがな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真仮名
まがな

漢字のことを真名ともいうが,その真名をかなとして用いた場合をいう。『万葉集』に最も多く用いられているので万葉がなともいう。また男仮名ともいう。これが草体化,略体化してひらがな片仮名がそれぞれできた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ま‐がな【真仮名】

漢字を、国語音を書き表すためにそのままの字形で用いたもの。万葉仮名

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

真仮名【まがな】

万葉仮名

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まがな【真仮名】

漢字を、そのまま国語の音を表すために用いたもの。万葉まんよう仮名の主として一字一音節のもの。 → 片仮名平仮名

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の真仮名の言及

【書体】より

…漢字を真名ということから,この名がある。奈良時代は楷書にほぼ近い形で使用され,これを男手(おとこで),真仮名と称した。平安時代に女性がそれらを草書にして用い,現在の平仮名にみるような略体ができた。…

【万葉仮名】より

…《万葉集》に用いられた仮名の意。片仮名,平仮名に対して,真仮名(まがな)ともいう。広い意味では,漢字一つ一つを本来の表意文字としてではなく,日本語の表音のために借り用いる用法のすべてを含めていう。…

※「真仮名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

真仮名の関連キーワード本草和名仮名男手

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android