コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丈部路安頭麻呂(読み)はせつかべのみちの あずまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丈部路安頭麻呂 はせつかべのみちの-あずまろ

712-? 奈良時代,下級官吏丈部路石勝(いわかつ)の子。
和銅5年生まれ。養老4年父が漆をぬすみ流罪となったとき,9歳。兄の祖父麻呂(おおじまろ),弟の乙麻呂(おとまろ)とともに父の罪をつぐなうことをねがいでてみずから官奴(かんぬ)となった。その孝心に免じて父は罪をゆるされ,3人も良民となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例