コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丈部路安頭麻呂 はせつかべのみちの あずまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丈部路安頭麻呂 はせつかべのみちの-あずまろ

712-? 奈良時代,下級官吏丈部路石勝(いわかつ)の子。
和銅5年生まれ。養老4年父が漆をぬすみ流罪となったとき,9歳。兄の祖父麻呂(おおじまろ),弟の乙麻呂(おとまろ)とともに父の罪をつぐなうことをねがいでてみずから官奴(かんぬ)となった。その孝心に免じて父は罪をゆるされ,3人も良民となった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丈部路安頭麻呂の関連キーワード玄宗[唐]ザイヌル・アービディーンフィリピクス・バルダネス唐の時代(年表)銘文入り刀剣高齢者への虐待古事記睿宗玄宗古事記

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android