コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

負う オウ

2件 の用語解説(負うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

お・う〔おふ〕【負う】

[動ワ五(ハ四)]
背中や肩にのせる。背負う。「重い荷を―・う」
身に受ける。また、自分で引き受ける。かぶる。「責任を―・う」「恨みを―・う」
傷を受ける。「重傷を―・う」「損害を―・う」
お陰をこうむる。「先輩のご指導に―・うところが大きい」
後ろに位置させる。背景とする。「後ろに山を―・う」
借金する。
「その人は、わが金(こがね)を千両―・ひたる人なり」〈宇治拾遺・一〉
名としてもつ。名前に適合する。
「名にし―・はばいざ事とはむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」〈伊勢・九〉
ふさわしいさまである。適応する。
「文屋康秀(ふんやのやすひで)は、ことば巧みにて、そのさま身に―・はず」〈古今・仮名序〉
[可能]おえる
[用法]おう・せおう――「負う」は文語的。話し言葉では多く「背負う」を使う。◇「負う」「背負う」には抽象的に負担する意味もあり、「責任を負う」「罪を負う」「一家を背負って働く」などと使われるが、「背負う」のほうが具体的動作を表す度合いが強い。傷・痛手については「負う」を用い、「背負う」は使わない。◇類似の語に「担(にな)う」「担(かつ)ぐ」がある。ともに、肩で重みを受けるようにして物を運ぶ意。「大きな荷を担う」「おみこしを担ぐ」、また、抽象的に「役割を担う」「次代を担う」などとも使う。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おう【負う】

( 動五[四] )
(人や物を)自分の背や肩に載せて支える。せおう。 「背に籠かごを-・う」
負担となるようなことを引き受ける。 「責任を-・う」 「義務を-・っている」 「責めを-・う」
傷を受ける。 「重傷を-・った」 「心に痛手を-・う」
背後にもつ状態にある。背負う。 「太陽を-・って歩く」 「上野の森を背に-・うた、根岸の家の一間で/青年 鷗外
(「…に負う」の形で)…のおかげをこうむる。 「彼の成功は母親の教育に-・うところが大きい」
借りる。 「前世に彼が物を-・ひて償はざりき/今昔 17
名としてもつ。 「名にし-・はばいざ事とはむ宮こ鳥わが思ふ人はありやなしやと/伊勢 9
似つかわしい様子である。 「文屋康秀は、ことばはたくみにて、そのさま身に-・はず/古今 仮名序
[可能] おえる
[慣用] 始末に負えない ・手に負えない

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

負うの関連キーワード口に乗せる背負う手車に乗せる衒う綯う虫食う舫う糾う置手拭い担う

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

負うの関連情報