コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坐す/在す イマス

デジタル大辞泉の解説

い‐ま・す【×坐す/在す】

《「」は接頭語、「ます」は尊敬語動詞》
[動サ四]
あり」「居(お)り」の尊敬語。いらっしゃる。おありになる。
「言ひつつも後(のち)こそ知らめとのしくもさぶしけめやも君―・さずして」〈・八七八〉
行く」「来(く)」の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「立ち別れ君が―・さば磯城島(しきしま)の人は我じく斎(いは)ひて待たむ」〈・四二八〇〉
(補助動詞)
㋐(形容詞・形容動詞の連用形、断定の助動詞「なり」の連用形「に」などに付く)「」「である」の意の尊敬語。…でいらっしゃる。
「汝(な)こそは男(を)に―・せば」〈・上・歌謡〉
㋑(動詞の連用形に付く)動作の継続の意を添える「あり」、経過・移動の意を添える「行く」「来(く)」などの尊敬語。…ていらっしゃる。…ておいでになる。
「松柏(まつかへ)の栄え―・さね貴き我(あ)が君」〈・四一六九〉
[動サ変]
1に同じ。
「かくてのみ―・するがいとほしや」〈落窪・一〉
2に同じ。
「右大将の宇治へ―・すること、なほ絶え果てずや」〈・浮舟〉
(補助動詞)
3㋐に同じ。
「みづからが小童(こわらは)にてありし時、ぬしは二十五六ばかりの男(をのこ)にてこそは―・せしか」〈大鏡・序〉
3㋑に同じ。
「をこなりと見て、かく笑ひ―・するがはづかし」〈・二七八〉
[動サ下二]を下二段活用化して、使役の意をもたせたもの》
「あらしむ」「行かしむ」などの、使役の対象を尊敬していう。いらっしゃるようにさせる。おいでいただく。
「他国(ひとくに)に君を―・せて何時(いつ)までか我(あ)が恋ひ居(を)らむ時の知らなく」〈・三七四九〉
(補助動詞。動詞の連用形に付く)…ていらっしゃるようにさせる。
「いかならむ時にか妹をむぐらふの汚なきやどに入れ―・せてむ」〈・七五九〉
[補説]で、上代には四段活用だったものが、平安時代にはサ変に変化した。ただ、漢文の訓読には四段活用が残った。また、平安時代の和文では、同義の「おはす」「おはします」の使用が普通。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

坐す/在すの関連キーワード青春ロマンスシート 青草に坐すマイエスタス・ドミニパントクラトールアショーカ王石柱チエンセーン王国床下・牀下野村芳太郎多賀大社行住坐臥大日如来補助動詞平安時代高倉永秀宛として結跏趺坐不動明王獅子座宗像神ツバキ天津神

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android