コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丈部路祖父麻呂 はせつかべのみちの おおじまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丈部路祖父麻呂 はせつかべのみちの-おおじまろ

709-? 奈良時代,下級官吏丈部路石勝(いわかつ)の子。
和銅2年生まれ。安頭麻呂(あずまろ),乙麻呂(おとまろ)の兄。養老4年父が漆をぬすみ流罪となったとき,12歳。ふたりの弟とともに父の罪をつぐなうことをねがいでてみずから官奴(かんぬ)となった。その孝心に免じて父は罪をゆるされ,3人も良民となった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

丈部路祖父麻呂の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android