コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過失責任主義 カシツセキニンシュギ

5件 の用語解説(過失責任主義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かしつせきにん‐しゅぎ〔クワシツセキニン‐〕【過失責任主義】

損害の発生につき、故意・過失がある場合に限り加害者が賠償責任を負うこと。過失主義。→無過失責任主義

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

過失責任主義【かしつせきにんしゅぎ】

故意または過失がなければ損害賠償責任は発生しないものとする主義。近代法はこの主義をとって個人の自由活動を保障した。日本の民法もこの原則を認めている。しかし経済の発展に伴い,過失なくして他人に損害を与える事例が増加しているため,無過失責任の理論が発達してきており,立法にも反映され始めている。
→関連項目民法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かしつせきにんしゅぎ【過失責任主義】

故意過失に基づいて他人に損害を与えた場合にのみ損害賠償責任を負うという民事責任上の法原則をいう。過失責任主義は,債務不履行責任についても認められるが(民法415条),通常,不法行為責任の法原則として理解される場合が多い(709条)。
[沿革]
 不法行為責任の最も古い形態は復讐および贖罪金の制度といわれるが,そこでは,刑事責任と民事責任とは未分化の状態にあった。やがて,不法行為責任の刑罰的性質が薄れるにつれて損害賠償の性質が強められてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かしつせきにんしゅぎ【過失責任主義】

故意または過失によって他に損害を与えた場合に限り、その賠償責任を負うという原則。近代法はこれを採用するが、経済発展に伴い、無過失責任を認める分野が生まれた。過失主義。 ↔ 無過失責任主義

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

過失責任主義
かしつせきにんしゅぎ

「故意または過失がなければ、自己の行為の結果、他人に損害を与えても損害賠償責任を負わない」とする立法上の原則をいう。歴史的には、過失の有無を問わず加害行為の結果について責任を負うこととされていたから、責任主義原因主義)が先行するが、ローマ時代後期(とくにビザンティン期)以後しだいに過失概念が明確化され、過失責任主義が成立していった。
 近代市民法の下では、過失責任主義が多かれ少なかれその中核とされ(日本の民法709条)、近代市民法の原理の一つとなっている。
 近代法における過失責任主義の機能は、個人の自由な活動の保障、すなわち自由競争の確保にある。なぜなら、個人は、通常人として必要な注意義務さえ果たせば、損害賠償責任のおそれなしに自由に活動できるからである。しかし他方、20世紀後半になると、近代企業の発展、高速度交通機関の発達、原子力の利用などによる環境汚染(公害)が進むに伴い、過失責任主義はその矛盾・限界が明らかとなり、これらの領域では、過失の有無にかかわらず損害を賠償させる無過失責任主義(災害補償、鉱害賠償など)が発展してきている。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の過失責任主義の言及

【過失】より


[民法上の過失]
 民法には過失が問題となる制度は少なくないが(動産の善意取得もその一つ),過失とは何か,という疑問が常に発せられて論議されてきたのはもっぱら不法行為にもとづく損害賠償請求権の要件としてであった。すなわち,民法は,不正行為の帰責の原因として故意または過失を要求する過失責任主義を採用したが,これには過失があれば損害賠償責任を負わせられるという意味の外に,過失なければ不法なし,という標語に体現されているように,人の活動の自由を保証するという近代社会の要請を損害賠償法のなかで実現するという役割が含まれている。このように過失責任主義は経済生活ないし企業活動を発展させる強力なバネになるものであったが,被害者救済という点では,欠けるところが大きい。…

【責任】より

…刑事責任との対比においては,民事責任の主要な機能は損害の塡補(てんぽ)にある。そのため民事責任の根幹を成す基準として日本民法(709条)がとくに不法行為責任のために規定する過失責任主義は,民刑未分化の時代を経て,19世紀に至ってそれまでの原因主義にかわり,大陸法,英米法を問わず支配的潮流となった帰責原理である。それは,原則として故意犯のみを処罰の対象とする刑事責任に比べて加害者に対する責任追及の余地を大きくするが,他方で,過失がなければ損害賠償義務を負わされることはないというかぎりでは,本来,個人の自由活動領域を保証するという機能をもつものである。…

※「過失責任主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

過失責任主義の関連キーワード国家賠償法失火責任無過失責任違約賠償詐害粗暴犯建築家賠償責任保険損害賠償責任失火見舞費用保険金会計検査院の懲戒処分要求

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone