コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ一持法 みついちもちほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三つ一持法
みついちもちほう

塩田地場を3分して2日おき持浜 (もちはま) にして鹹砂 (かんさ) を集め,沼井 (ぬい) の中に入れて鹹水を取る方法。地場を2分して隔日に採鹹するのを替持 (かえもち) といい,いずれも一種の休浜法。江戸時代後期,塩田濫造,塩の生産過剰,価格低落に対し,全国生産高の 90%を占める瀬戸内十州塩田業者は,一定期間休業する休浜同盟を結び,明治時代に及んだ。この方法は一方で塩田労働者 (→浜子 ) の首切り,労働強化を伴い,また小規模の塩田自作,塩田小作の利益とも対立し抗争した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android