浜子(読み)はまこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜子
はまこ

塩田で製塩作業に従事する労働者揚浜式塩田入浜式塩田では,海水を汲み上げたり,塩分を付着させる砂をまいたり,集めたりする作業を行い,重労働であった。入浜式塩田で 1haあたり 10人前後の浜子が雇用され,職能によって棟梁,上浜子,寄子炊きなどの名称をもったが,1953年頃から浜子の労働力を必要としない流下式塩田に代りはじめ,59年の第3次塩業整理によってすべて流下式塩田となったため,姿を消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまこ【浜子】

入浜塩田の賃労働者の総称。発生は近世初期。賃金の約60%の前貸しをうけた1年季奉公の型が一般的である。これには常雇いのもの,準備・採鹹(さいかん)作業日のみの日雇いであるが年季契約の見習徒弟的なもの,採鹹時間のみ出勤する老人・女・子どもなど,および釜焚夫の4種類があった。自宅から出勤する塩田と,出稼労働者が浜子小屋に住み込む塩田とがあった。各地各様の呼称があったが,それは身分と作業内容を示す。一例として松永塩田の場合,大工には 上(じよう)浜子―差浜子―三人目―四人目―中者(なかもの)―炊(かし)き……常雇い 土振―寄せ―浜引―水引―昼から起し……日雇い 日釜焚―夜釜焚という区別があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜子の関連情報