コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹹水 カンスイ

デジタル大辞泉の解説

かん‐すい【×鹹水】

塩からい水。塩分を含む天然の水。海水。
製塩過程で濃縮した食塩濃度の高い水。また一般に、濃い塩類水溶液ブライン塩水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

鹹水

 →塩水

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんすい【鹹水】

塩分を多量に含んだ水。塩からい水。海の水。 ↔ 淡水

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鹹水
かんすい

塩水またはブラインbrineともいう。海水を濃縮して類、とくに食塩濃度がかなり高くなっている溶液をいう。また天然に存在する濃い塩類水溶液、たとえば油田から出る石油鹹水や、天然ガスに伴って地下からくみ上げられる地下鹹水などもあり、これら天然に産するものを天然鹹水といっている。これに対して、食品工業などに用いられる、塩類を水に溶かしてつくったものを人工鹹水といい、(かんすい)の字があてられている。水には主として炭酸ナトリウム、炭酸カリウム、リン酸塩などが含まれている。日本では一般に、海水または鹹水に操作を加えた液体で、その含有固形物中に塩化ナトリウムを50%以上含有し、15℃における比重がボーメ度5度以上のものをいう。天然鹹水、とくに地下鹹水中にはヨウ素および臭素が含まれていることが多く、日本では房総半島と新潟地方がよく知られており、これからヨウ素を採取している。[中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鹹水の関連キーワード梘水・鹹水・乾水・漢水クアンポ(広浦)湾塩田(えんでん)珪藻類・ケイ藻類ヒヌマイトトンボ鹿児島ラーメン三つ一持法入浜式塩田堀之内貝塚高山寺貝塚欠山遺跡里木貝塚朝日貝塚吉胡貝塚陸平貝塚大森貝塚津雲貝塚金海貝塚日宝化学沖縄蕎麦

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android