コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三ノ宮峡 さんノみやきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三ノ宮峡
さんノみやきょう

宮崎県南西部,小林市中部の岩瀬川支流浜ノ瀬川にある峡谷。霧島山の溶岩が浸食されて美しい峡谷を形成,下流部には奇岩の陰陽石がある。観光施設,道路が整備され,小林市の中心市街地にも近く,行楽客が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の三ノ宮峡の言及

【小林盆地】より

…盆地底では良質米を産し,台地上では野菜の生産,乳牛,肉牛,豚の飼育が盛ん。浜瀬川上流部には溶結凝灰岩を浸食した三ノ宮峡があり,奇岩〈陰陽石〉で知られる。【下村 数馬】。…

※「三ノ宮峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

三ノ宮峡の関連キーワード小林盆地

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android