三世不可得(読み)さんぜふかとく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 仏語。過去・現在・未来の三世のいずれにおいても、存在する事物にはそれとして実体視されるものはないという意。
※撰集抄(1250頃)七「何とてか後の世のやみは、はるけぬべきとたづね侍りしかば、三世不可得の観とぞおもひて侍れとぞこたえられ侍りし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android