コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井寺歩行虫 ミイデラゴミムシ

デジタル大辞泉の解説

みいでら‐ごみむし〔みゐでら‐〕【三井寺歩虫】

ホソクビゴミムシ科の昆虫。体長約1.5センチで、黄褐色の地に黒色紋がある。湿った石の下や草むらにすみ、雑食性。捕まえると肛門(こうもん)から淡黄色のガスを出す。へっぴりむし。三井寺はんみょう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みいでらごみむし【三井寺歩行虫】

コウチュウ目の昆虫。体長15ミリメートル 内外。頭部と前胸は黄褐色で、黒色斑があり、上ばねは黒色で、中央に黄褐色の紋がある。外敵に襲われると肛門腺から霧状の刺激臭のある液を発射する。日本各地とアジア東部に分布。ヘヒリムシ。ヘッピリムシ。ミイデラハンミョウ。コウヤ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

三井寺歩行虫の関連キーワードヘッピリムシ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android