コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三井寺歩行虫 ミイデラゴミムシ

デジタル大辞泉の解説

みいでら‐ごみむし〔みゐでら‐〕【三井寺歩虫】

ホソクビゴミムシ科の昆虫。体長約1.5センチで、黄褐色の地に黒色紋がある。湿った石の下や草むらにすみ、雑食性。捕まえると肛門(こうもん)から淡黄色のガスを出す。へっぴりむし。三井寺はんみょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みいでらごみむし【三井寺歩行虫】

コウチュウ目の昆虫。体長15ミリメートル 内外。頭部と前胸は黄褐色で、黒色斑があり、上ばねは黒色で、中央に黄褐色の紋がある。外敵に襲われると肛門腺から霧状の刺激臭のある液を発射する。日本各地とアジア東部に分布。ヘヒリムシ。ヘッピリムシ。ミイデラハンミョウ。コウヤ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android