コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三俠五義 さんきょうごぎ Sān xiá wǔ yì

1件 の用語解説(三俠五義の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんきょうごぎ【三俠五義 Sān xiá wǔ yì】

中国,清代末期の白話長編小説。原名は《忠烈俠義伝》。石玉崑の講談をまとめたもので,全120回。1879年(光緒5)初版。北宋の名臣包拯(ほうじよう)(999‐1062)の名裁判ぶりを描いた明代の《竜図公案》を発展させ,これを軸として〈三俠(3人の俠客)〉と〈五鼠(5人の義賊)〉の活躍ぶりを描き,《水滸伝》の面白さをねらっている。のち文人の兪樾(ゆえつ)が増補して《七俠五義》(1889)を出し,ほかにも続作が出た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三俠五義の関連キーワード金瓶梅紅楼夢儒林外史短編小説原名掌編小説中編小説長編小説白話小説白話文学

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone