コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三俠五義 さんきょうごぎSān xiá wǔ yì

1件 の用語解説(三俠五義の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さんきょうごぎ【三俠五義 Sān xiá wǔ yì】

中国,清代末期の白話長編小説。原名は《忠烈俠義伝》。石玉崑の講談をまとめたもので,全120回。1879年(光緒5)初版。北宋の名臣包拯(ほうじよう)(999‐1062)の名裁判ぶりを描いた明代の《竜図公案》を発展させ,これを軸として〈三俠(3人の俠客)〉と〈五鼠(5人の義賊)〉の活躍ぶりを描き,《水滸伝》の面白さをねらっている。のち文人の兪樾(ゆえつ)が増補して《七俠五義》(1889)を出し,ほかにも続作が出た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone