コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜図公案 りゅうとこうあんLong-tu gong-an

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜図公案
りゅうとこうあん
Long-tu gong-an

中国,明の裁判小説。別名包公案』。作者未詳。 10巻。北宋仁宗の頃の名判官包拯 (ほうじょう) にまつわる伝説を短編小説とし,集めたもの。版本に繁簡2種があり,繁本は 100話,簡本は 66話から成る。日本の大岡政談に多くの素材を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

竜図公案【りょうとこうあん】

中国,明代の小説。作者不明。別名を《包公案》。宋の竜図閣待制包拯(ほうじょう)〔999-1062〕の名裁判物語集。公案(裁判)小説の代表。100話,66話,63話の3本が伝存。
→関連項目三侠五義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうとこうあん【竜図公案】

中国、明代の通俗小説。一〇巻。作者未詳。北宋の名裁判官、竜図閣学士包拯ほうじようを主人公とする裁判物語。「棠陰比事とういんひじ」とともに日本に伝わって大岡政談の成立に影響した。包公案。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竜図公案
りゅうとこうあん

中国、宋(そう)初の判官包拯(ほうじょう)による公案(犯罪の捜査、裁判)の形式をとった短編小説集。『包公案』ともよばれる。宋代から戯曲小説として語り始められてきた包公説話は、元曲として発展を遂げ、明(みん)初にはいくつかの連続物を構成していたと推定される。その後向敏中(こうびんちゅう)、周新といった判官の公案記録の取り込み、当時成立していた文語口語双方の小説からの改作がなされ、万暦(1573~1619)初めに百回本の『包竜図判百家公案』が成立した。『竜図公案』はこれを受け、3分の1ほどを当時流行の『廉明(れんめい)公案』などの小説集と差し替える一方、順序も改め、各回を完全に独立した一話として明末に刊行したものであり、繁本と簡本とがある。江戸裁判物への影響は『棠陰比事(とういんひじ)』に次いで大きい。[大塚秀高]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

竜図公案の関連キーワード三俠五義

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android