コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兪樾

6件 の用語解説(兪樾の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

兪樾

清代の学者。浙江省徳清生。詩人鴻漸の子。字は蔭甫、号は曲園。はじめ曽国藩のもと進士となるが数年で退官。のち李鴻章の招きで蘇州紫陽書院を管理、その後上海・徳清・帰安などの書院の長となり教育と著述に従事。王念孫らの説を継承・発展させ、当世樸学の宗となった。著書はきわめて多く『春在堂全書』五百余巻の他、日本の漢文学を紹介した『東瀛詩選』等日本学者との交わり少なくない。また仏教・道教にも通じ、詩詞文も能くした。光緒32年(1906)歿、86才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆ‐えつ〔‐ヱツ〕【兪樾】

[1821~1906]中国、末の考証学者・文人。徳清(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は蔭甫(いんほ)。号、曲園。王念孫・王引之父子の学風を継ぎ、経書諸子を研究。著「群経平議」「古書疑義挙例」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゆえつ【兪樾 Yú Yuè】

1821‐1906
中国,清末の古典学者,文学者。字は蔭甫,曲園と号する。浙江省徳清県の人。道光30年(1850)の進士。数年にして官を去り,蘇州・上海・杭州の私塾で教育に従事した。清朝考証学の流れを受け,とくに文字の仮借に注意して,古典の解釈に新説を出した。《群経平議》《諸子平議》《古書疑義挙例》が有名である。詩文にもすぐれるほか,戯曲・小説にまで興味を持った。著書は《春在堂全書》にすべて収める。現代の評論家兪平伯はその曾孫。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆえつ【兪樾】

1821~1906) 中国、清代の学者。字あざなは蔭甫いんほ、号は曲園。王念孫・王引之父子の学風を継ぐ訓詁学者。著「春在堂随筆」「諸子平議」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兪樾
ゆえつ
Yu Yue

[生]道光1(1821)
[没]光緒32(1906)
中国,清末の学者,文学者。浙江省徳清の人。字,蔭甫。号,曲園。道光 18 (1838) 年進士に及第。翰林院に入って庶吉士から編修に進み,河南学政となったがまもなく退官。以後,蘇州,杭州などで教育に従事しつつ著述に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ゆえつ
(1821―1906)

中国、清(しん)末の学者。曲園と号す。浙江(せっこう)省徳清県の人。1850年(道光30)の進士。曽国藩(そうこくはん)の知遇を得て翰林(かんりん)院編修から河南学政に任じられたが、38歳で致仕(ちし)し、あたかも太平天国に続く国家存亡の世情をよそに、李鴻章(りこうしょう)らの援助のもと講学、読書、著述の生活を送って長寿を全うした。主著の『群経平議』『諸子平議』各7巻および『古書疑義挙例』7巻などはすべて、高郵(こうゆう)の王氏すなわち王念孫(ねんそん)・引之(いんし)父子の成果を継承発展したものであると自負している(『春在堂全書録要』)。しかし、その学はむしろ後学の孫詒譲(そんいじょう)、王先謙、章炳麟(しょうへいりん)をまって発展した感がある。才気と余暇にまかせての著作量は清代随一とうたわれ、『春在堂全書』480巻を残すが、これは、前記の主著のほか詩詞、随筆、筆記、戯曲、通俗文芸の評論、日本漢詩の選集(『東瀛(とうえい)詩選』『東海投桃集』)など、雑多な内容からなっている。さらに『七侠(しちきょう)五義』のような通俗小説にも筆を染めるなど、総じて該博な知識と旺盛(おうせい)な好奇心とを頼んだ快楽主義者であったと評してよいであろう。なお、文芸評論家兪平伯(ゆへいはく)はその曽孫(そうそん)である。[宮内 保]
『『清史稿 482巻』 ▽『清代樸学大師列伝 6巻』 ▽『清代七百名人伝 7編』 ▽章炳麟著『兪先生伝』(『太炎文録 初編 2巻』) ▽梁啓超著、小野和子訳『清代学術概論』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の兪樾の言及

【皖派】より

…皖とは中国安徽省の古名で,清代に,この地に多くの学者を輩出したので,その人々を皖派と称しているが,大きくは浙西学派に含まれる。江永,戴震に源を発して段玉裁,任大椿,王念孫,王引之,さらに後の兪樾(ゆえつ),孫詒譲(そんいじよう)らに受けつがれた。この学派は懐疑的態度によって事実を確かめ,帰納的論理的に分析する方法を共通点としていることで,恵棟らの漢代訓詁を固守する呉派とは大いに異なる。…

【三俠五義】より

…北宋の名臣包拯(ほうじよう)(999‐1062)の名裁判ぶりを描いた明代の《竜図公案》を発展させ,これを軸として〈三俠(3人の俠客)〉と〈五鼠(5人の義賊)〉の活躍ぶりを描き,《水滸伝》の面白さをねらっている。のち文人の兪樾(ゆえつ)が増補して《七俠五義》(1889)を出し,ほかにも続作が出た。【中野 美代子】。…

【東瀛詩選】より

…中国,清末の学者兪樾(ゆえつ)が選んだ日本人の漢詩の詞華集。44巻。…

※「兪樾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

兪樾の関連キーワード王克三陳逸舟陳元輔馮仙湜金冬心胡渭浙江省兪平伯陸隴其古越磁

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone