コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年忌 ねんき

6件 の用語解説(年忌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年忌
ねんき

人が死亡したのち,年を単位としてめぐり来る忌日のこと。一周忌 (満1年目) ,三回忌 (満2年目。以後これに加算して回忌を数える) ,七回忌などと数える。以下十三,十七,三十三,四十九,五十回忌と続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ねん‐き【年忌】

死後、毎年巡りくる祥月命日(しょうつきめいにち)。また、その日に行う法要。その数をかぞえるのにも用いる。回忌。年回。「年忌を営む」「亡父の七年忌

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

年忌【ねんき】

人の死後年ごとにめぐってくる命日。周忌,回忌とも。満1年目の一年忌,満2年目の三年忌,以下七,十三,十七,二十三,二十五,二十七,三十三,五十,百年忌等があり,仏事供養を行うが,一般には三十三年忌で打ち切る。
→関連項目葬制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ねんき【年忌】

毎年まわってくる死者の祥月(しようつき)命日のこと。回忌ともいう。この日に死者供養の仏事が行われる。一周忌,三回忌,七回忌,十三回忌十七回忌,二十五回忌,二十七回忌,三十三回忌,五十回忌,百回忌とある。通常は三十三回忌で終わるが,真宗地帯では五十回忌,百回忌もしている。最終年忌を〈弔い上げ〉といい,これ以後,仏事をすることがない。年忌は持統天皇の時以来記録に出てくる。ただし,奈良時代は一周忌で終わっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねんき【年忌】

〘仏〙 人の死後、毎年めぐってくる命日。また、その日に行う法要。年回。回忌。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年忌
ねんき

人の死後、数年置きに巡ってくる祥月命日(しょうつきめいにち)。またそのときの供養(くよう)行事。回忌、周忌、年回ともいい、仏式の場合は僧侶(そうりょ)を招き、親戚(しんせき)や知友が集まって法要を営む。死後1年目を一年忌、満2年目を三年忌、以後は七、十三、十七、二十三、二十七年忌と続く。二十三年忌と二十七年忌とをあわせて二十五年忌をすることもある。三十三年忌か四十九年忌もしくは五十年忌を最終年忌とする。高僧や事業の創業者などの場合は、百年忌以後も50年ごとに年忌を営むことがあり遠忌(おんき)という。神道(しんとう)で葬式をする神葬祭の祭式では、十年祭、二十年祭と10年刻みで死後の祭りをしている。最終年忌のことは弔(とむら)い上げ、問い切り、祭りじまいなどといい、それ以後はその死者の供養行事を打ち切る。年忌のたびに板塔婆(とうば)を石碑のところに立てるが、最終年忌には生木(なまき)の上部に葉を残した葉つき塔婆や、上が二股(ふたまた)になった股塔婆や、柱のような角塔婆を立てる例が多い。
 日本的な祖霊信仰では、最終年忌を終えた死者の霊は、死の穢(けがれ)や個性を去り、祖霊というひとかたまりの霊質となって、子孫の暮らし向きを見守ってくれるものと考えていた。死者の霊が神になる機会で、位牌(いはい)なども焼却する所がある。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の年忌の言及

【葬制】より

… 現在の人類社会において葬制の意味するところは単なる死体の処理を超えてはるかに広い。それは,たとえば人間は霊魂をもつという観念のなかに端的に見られるように,個人の人格は肉体の存在とは別の文化的表象をもっており,それによって死および死者にかかわる儀礼は死の直後だけでなく,服喪の順守や年忌・法事の執行に現れているように長期間にわたって継続される可能性があるからである。さらに重要なことは,このようにして表象された死者は社会的な存在であるということである。…

※「年忌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

年忌の関連キーワード祥月回忌交通戦争祥月命日付けが回って来る遣って来る月回りてく・るててく・る怪獣がやってくる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

年忌の関連情報