コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三原平野 みはらへいや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三原平野
みはらへいや

広島県南部,沼田川下流域の沖積平野三原市西部から中部にかけて,断片的に低い谷底平野が連なり,明神の地峡部から三角州が広がる。海岸には近世干拓地があり,化学繊維工場のある中州や和田沖,港の北側に続く工場地帯は,塩田として開かれた東町新開を除いて,明治以降の埋立地である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の三原平野の言及

【淡路島】より

…行政上は1市2郡10町に分かれ,近世に蜂須賀氏の城下町であった洲本市が行政や交通の中心になっている。本州と四国が瀬戸内海の陥没で分離したときに残った地塁状の島で,地形的に大きく北部の津名丘陵,南部の諭鶴羽(ゆづるは)山地と,その中間の地溝帯である三原平野,洲本平野に区分できる。花コウ岩からなる津名丘陵は明石海峡陥没以前は六甲山地と一続きの山地であった。…

【洲本平野】より

…南の諭鶴羽(ゆづるは)山地と北の津名(つな)丘陵にはさまれ,かつて海が入りこんでいた断層低地が,大阪湾に注ぐ洲本川と播磨(はりま)灘に注ぐ三原川の運ぶ土砂によって形成された。三原川のつくる平野を特に三原平野とも呼ぶ。古くから淡路の中心として栄え,淡路の国府も平野の中央部に置かれた。…

※「三原平野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三原平野の関連キーワード淡路国分寺塔跡三原(兵庫県)南あわじ(市)三原[町]諭鶴羽山地洲本平野淡路平野南あわじ淡路島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三原平野の関連情報