コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洲本平野 すもとへいや

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕洲本平野(すもとへいや)


兵庫県淡路(あわじ)島の南東部を占める小平野。南の諭鶴羽(ゆづるは)山地と北の津名(つな)丘陵に囲まれた構造平野で、洲本川とその支流沿いに広がる。河口三角州洲本市市街地がある。淡路島穀倉地帯酪農畜産タマネギなどの野菜栽培も盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すもとへいや【洲本平野】

兵庫県淡路島の中央部にある平野。南の諭鶴羽(ゆづるは)山地と北の津名(つな)丘陵にはさまれ,かつて海が入りこんでいた断層低地が,大阪湾に注ぐ洲本川と播磨(はりま)灘に注ぐ三原川の運ぶ土砂によって形成された。三原川のつくる平野を特に三原平野とも呼ぶ。古くから淡路の中心として栄え,淡路の国府も平野の中央部に置かれた。酪農と露地野菜を中心に多毛作高度集約農業が営まれ,また平野の中心集落の洲本,三原へは本州と四国を結ぶ国道28号線も通じている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

洲本平野の関連キーワード淡路平野