コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼田川 ぬたがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼田川
ぬたがわ

広島県南部の川。東広島市北部の鷹ノ巣山 (922m) から吉備高原を南東流して三原市瀬戸内海に注ぐ。全長約 50km。上流部は吉備高原を開析し,下流部では三原平野を形成。三原市の化学繊維工業はこの川の水を利用して発展した。支流椋梨川が流れる東広島市北東部に椋梨ダムがあり,備後南部から因島に飲料用水,工業用水を送っている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぬた‐がわ〔‐がは〕【沼田川】

広島県中央南部を流れる川。東広島市北西の鷹ノ巣山(標高922メートル)の南方に源を発し、三原市で瀬戸内海に注ぐ。長さ48キロ。中流部は吉備(きび)高原を浸食して峡谷をつくり、下流部は沖積平野が発達している。三原市市街の大部分は三角州に立地されている。川の名「ぬた」は、低湿地の意味といわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぬたがわ【沼田川】

広島県中央部,賀茂郡福富町から南東に流れ三原市で瀬戸内海に注ぐ川。全長約48km,流域面積は約540km2。中世,流域一帯には小早川氏が勢力を扶植した沼田荘があり,下流域は干拓して開発された。支流の椋梨(むくなし)川を賀茂郡河内町小田でせき止めた椋梨ダムの水は,三原市や尾道市などに工業用水として給水されるとともに,瀬戸内沿岸や因島市,瀬戸田町など島嶼(とうしよ)部の水道用水に利用されている。【藤原 健蔵】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕沼田川(ぬたがわ)


広島県南部を流れる川。東広島(ひがしひろしま)市と安芸高田(あきたかた)市の境にある吉備(きび)高原の鷹ノ巣(たかのす)山(標高922m)に源を発し、南東流して三原(みはら)市で瀬戸内海に注ぐ。2級河川(沼田川水系)。延長48km。流域面積540km2。三原市の化学繊維工業の用水、尾道(おのみち)市因(いんの)島ほか島嶼(とうしょ)部の上水道に利用される。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼田川
ぬたがわ

広島県中東部を南東流する川。吉備(きび)高原の鷹(たか)ノ巣(す)山南方に発し、三原(みはら)市で瀬戸内海に注ぐ。延長約50キロメートル、流域面積約550平方キロメートル。上流部は比較的緩やかであるが、中流部は吉備高原を開析して峡谷をなし、東広島(ひがしひろしま)市から下流は南東方向に直線状に流れる。かつては旧大和(だいわ)町の舟木(ふなき)(現三原市)から下流までは舟運があった。沼田川の支流椋梨(むくな)川には多目的の椋梨ダムがあり、三原市の帝人(ていじん)工場は沼田川の豊富な水を利用して立地したものである。[北川建次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

沼田川の関連キーワード河内(広島県)小早川氏城跡広島県三原市福富[町]本郷[町]河内[町]御年代古墳広島(県)安芸高田大和高屋豊栄本郷

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android