コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三命説 さんめいせつ

世界大百科事典 第2版の解説

さんめいせつ【三命説】

中国で,命(運命)に三色すなわち受命随命と遭命があるとする説。命を分類することは孟子や荘子にすでに見られるが,三命のかたちをとるようになるのは前漢末の緯書に始まり,後漢になってほぼ固定した。受命とは,《孝経緯援神契》に〈年寿を謂うなり〉と見えるとおり,寿命のこと。随命とは,行為の善悪に対して禍福が正しく対応し,善因善果悪因悪果が理想的に現れるばあいである。遭命とは,〈善を行いて凶に遇う〉善事を行いながら不幸に遭遇し,因果の一致しないものをさす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android