コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三命説 さんめいせつ

世界大百科事典 第2版の解説

さんめいせつ【三命説】

中国で,命(運命)に三色すなわち受命随命と遭命があるとする説。命を分類することは孟子や荘子にすでに見られるが,三命のかたちをとるようになるのは前漢末の緯書に始まり,後漢になってほぼ固定した。受命とは,《孝経緯援神契》に〈年寿を謂うなり〉と見えるとおり,寿命のこと。随命とは,行為の善悪に対して禍福が正しく対応し,善因善果悪因悪果が理想的に現れるばあいである。遭命とは,〈善を行いて凶に遇う〉善事を行いながら不幸に遭遇し,因果の一致しないものをさす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android