コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緯書 いしょ Wei-shu

5件 の用語解説(緯書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緯書
いしょ
Wei-shu

経書に対するもので,経書を説明するためにつくられたが,内容は吉凶禍福や未来の予言が多い。前漢末から流行。『易経』『書経』『詩経』『礼記』『楽記』『春秋』『孝経』に各一緯があり,合せて七緯という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

い‐しょ〔ヰ‐〕【緯書】

中国、前漢末から後漢にかけて作られた書物。経書に対するもので、易緯・書緯・詩緯・礼緯・楽緯・春秋緯・孝経緯など多種がある。儒教の経義に関連させながら予言・禍福・吉凶などを説いたもの。後世、儒家の思想を乱すものとして禁書となり、今日では、一部分だけが残る。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いしょ【緯書 wěi shū】

経典の解釈に仮託して神秘的な予言を述べた書。緯とは,よこいとであり,たていとを意味する経に対して,〈経の支流にして傍義に衍及する〉つまり経書を解説敷衍したものである。しかし,緯書はほとんどすべて讖(しん)すなわち予占的な要素を含んでいるので,讖緯書とも呼ばれる。《隋書》経籍志によると,六経を編集して〈天人の道を明らか〉にした孔子は,後世の人がその真義を理解しえないのを恐れて,別に讖緯書を準備して,おのれの思想を託したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いしょ【緯書】

中国の漢代に経書けいしよに付会して人事を神秘的に予言した書物。騶衍すうえんらの五行説の影響をうけて盛んに作られた。七緯(詩緯・易緯・書緯・礼緯・楽緯・春秋緯・孝経緯)は孔子の作と伝えられるが偽書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緯書
いしょ

中国の漢代に盛行した讖緯(しんい)説を集大成した書。先秦(しん)のころより流行していた未来を予言する讖(しん)と、陰陽五行(いんようごぎょう)、災異瑞祥(ずいしょう)、天人相感などの諸説によって経書(けいしょ)を解釈しようとする緯(い)とが結合した讖緯説は、図讖(としん)、図緯(とい)、緯候(いこう)などとよばれて前漢末に隆盛を極めた。それが後漢(ごかん)初に至り、政権と結び付き、王莽(おうもう)の重んじた古文経に対抗して今文(きんぶん)学説として整理の気運が生じ、「乾鑿度(けんさくど)」「考霊曜(こうれいよう)」「元命包(げんめいほう)」など3字の編名を冠するいわゆる『緯書』が成立した。この『緯書』は「易緯(えきい)」「書緯」「詩緯」「礼緯」「楽緯」「春秋緯」「考経緯」の七緯のほか、「尚書中候(しょうしょちゅうこう)」「論語讖(ろんごしん)」「河図(かと)」「洛書(らくしょ)」をも含むが、そのすべてが後漢初の作成ではなく、六朝(りくちょう)期に付加されたものもある。その主要な部分、『後漢書』の「方術伝」の李賢(りけん)注に引く「七緯」は、後漢初めに成立したものと思われ、これには鄭玄(じょうげん)(127―200)注がある。『緯書』には革命説など社会を混乱させる要素も含まれていたため、たびたびの弾圧を受け、唐以後はそのほとんどが亡佚(ぼういつ)した。そこで元の陶宗儀(とうそうぎ)の『説郛(せつふ)』、明(みん)の孫(そんこく)の『古微書(こびしょ)』、清(しん)の趙在翰(ちょうざいかん)の『七緯』、馬国翰(まこっかん)の『玉函山房輯佚書(ぎょくかんさんぼうへんいっしょ)』、喬松年(きょうしょうねん)の『緯(いくん)』、黄(こうせき)の『通緯逸書考』などは、古今の文献から『緯書』の逸文を編集した。日本にも、つとに伝来、甲子(かっし)革命、辛酉(しんゆう)革命などのよりどころとなり、陰陽道(おんみょうどう)にも影響した。[中村璋八]
『安居香山・中村璋八編『重修緯書集成』全6巻(1971~78・明徳出版社) ▽安居香山・中村璋八著『緯書の基礎的研究』(1976・国書刊行会) ▽安居香山著『緯書の成立とその展開』(1979・国書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の緯書の言及

【禁書】より

…ただし医薬,卜筮(ぼくぜい),農業に関する書のみはその使用を許すというこの挟書律(きようしよりつ)は,漢の高祖にも受けつがれ,恵帝に至って解除された。秦・漢の思想界は迷信的色彩が強かったが,ことに前漢の中ごろから後漢の初めにかけ,予言や神秘を説く讖緯(しんい)説が流行し,おびただしい緯書が現れた。人心を乱す妖妄の書として南北朝の宋や梁でもしばしば禁じられたが,隋の煬帝(ようだい)が即位すると,全国に使者を派遣して讖緯に関する書を焚かせた。…

【経学】より

…もと,織物の〈たて糸〉の意から転じて,儒家のばあい,〈つねのみち〉,すなわち永久不変の原理を提供する,人間生活の軌範を十全に備えた教義の典籍とされ,内容は孔子や周公など,古代の理想の祖師や聖賢の述作として,権威づけられた。前漢末には,この経書を補うものとして,秦・漢期以来の多くの〈伝記〉〈伝説〉のほかに,〈よこ糸〉を意味する〈緯書〉が制作されている。当時,書名としては《孝経(こうきよう)》が早くから著名であるが,《老子》などにも〈経伝〉〈経説〉があった(《漢書》芸文志)。…

※「緯書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

緯書の関連キーワード拡張解釈讖緯説文理解釈論理解釈結経序品神秘的論文《自然の解釈について》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone