禍福(読み)かふく

精選版 日本国語大辞典 「禍福」の意味・読み・例文・類語

か‐ふく クヮ‥【禍福】

〘名〙 わざわいとさいわい。不幸と幸福。
続日本紀‐天平二年(730)九月庚辰「安芸周防国人等妄説禍福。多集人衆
平家(13C前)七「禍福道を同うし、盛衰掌をかへす」 〔中庸〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「禍福」の意味・読み・例文・類語

か‐ふく〔クワ‐〕【禍福】

災難と幸福。不運と幸運。
[類語]吉凶慶弔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「禍福」の読み・字形・画数・意味

【禍福】か(くわ)ふく

幸不幸。吉凶。〔荘子、庚桑楚〕身は槁木の枝の(ごと)く、心は死し。是(かく)のも亦た至らず、も亦た來(きた)らず、ること无(な)し。

字通「禍」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉プラス 「禍福」の解説

禍福

1937年公開の日本映画。監督:成瀬巳喜男原作菊池寛脚本:岩崎文隆、撮影:三浦光男。出演高田稔丸山定夫英百合子、入江たか子ほか。前後編の2部構成。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android