三女(読み)さんじょ

精選版 日本国語大辞典「三女」の解説

さん‐じょ ‥ヂョ【三女】

〘名〙
① 三人の女性。また、三人の
※江戸繁昌記(1832‐36)三「都俗の諺に曰ふ、『三女を生産すれば、一生安活す』と」
② 三番目に生まれた女子。
※古事談(1212‐15頃)二「恒徳公三女は伊周之妻室也」
③ 七去三従(しちきょさんじゅう)の戒めにあたる女。
浄瑠璃・松風村雨束帯鑑(1707頃)こま尽し「総じて嫉妬深きは三女の一つ、娶(めと)ることなかれといふ本文有り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三女」の解説

さん‐じょ〔‐ヂヨ〕【三女】

三人の娘。また、三人の女性。
姉妹のうち3番目に生まれた女の子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android