コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三好操 みよし みさお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三好操 みよし-みさお

1897-1933 大正-昭和時代前期,三好十郎の妻。
明治30年生まれ。東京の成徳女学校の教師となる。大正12年左翼運動で知りあった三好と結婚。昭和6年から結核で療養生活をおくり,8年11月12日死去。37歳。三好の代表作,戯曲「浮標(ブイ)」は妻の看病とその死を題材にしている。香川県出身。旧姓は坪井。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三好操の関連キーワード国木田独歩フィリピン革命松竹(株)晩年伊豆の踊子丹下左膳帝国大学オールコック大韓帝国京都大学