コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三宝の奴 さんぼうのやっこ

世界大百科事典 第2版の解説

さんぼうのやっこ【三宝の奴】

仏・法・僧の三宝に供養するため身を捨ててその奴隷となること。南朝の梁の武帝が数回にわたって同泰寺に捨身したことは有名。そのたびに皇太子や百官たちは巨額の財物をつんで皇帝の身をうけだし,あらためて即位の儀式が行われた。この梁の武帝の捨身は僧伽婆羅(そうぎやばら)訳の《阿育(あいく)王経》にもとづくという。陳の天子たちもそれにならい,また北魏の裴植(はいしよく)の母は三宝の婢となったことがある。【吉川 忠夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三宝の奴の関連キーワード六畜

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android