三所籐(読み)みところどう

精選版 日本国語大辞典「三所籐」の解説

みところ‐どう【三所籐】

〘名〙 弓のの巻き方の名で、所(ところどう)の一つ。三か所ずつ寄せて巻くものをいうが、近世は、上下の鏑(かぶら)籐および矢摺(やすり)の三か所に巻くことをいう。
※半井本保元(1220頃か)中「三枚甲に染羽の矢負、三所の弓もち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三所籐」の解説

みところ‐どう【三所×籐】

弓のの巻き方の一。上下鏑籐(かぶらどう)および矢摺籐(やすりどう)の3か所を巻くこと。また、3か所ずつ寄せていくつか巻いたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android