三所(読み)サンショ

  • みところ

大辞林 第三版の解説

さんじょとも
三つの場所。三か所。みところ。
三つのところ。三か所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「さんじょ」とも)
① 三つの場所。
② 神社にまつられている三柱の神。とくに、八幡宮の応神天皇・神功皇后・比売神(ひめがみ)の三神をいうことが多い。
※梁塵秘抄(1179頃)二「としごろ撫で飼ふ龍の駒〈略〉若宮三所は乗りたまひ、慈悲の袖をぞ垂れたまふ」
③ 三つの神社を、たがいに関係のあるものとしてひとまとめにするときの呼称。とくに、熊野の三所権現をいうことが多い。
※梁塵秘抄(1179頃)二「勝れて速きもの〈略〉山より落来る柴車、三所五所に申す言」
〘名〙
① 三つの場所。三か所。
※更級日記(1059頃)「水はその山に三所ぞ流れたる」
② 貴人の三人。御三方(おさんかた)
※夜の寝覚(1045‐68頃)五「三所の御心をさまざま思しことわるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三所の関連情報