コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三次元スキャナー サンジゲンスキャナー

デジタル大辞泉の解説

さんじげん‐スキャナー【三次元スキャナー】

物体の立体的な形状を計測する装置。レーザーを照射して非接触で物体表面の座標データを得るものや、カメラの前で物体を回転させ、得られる連続的な画像から輪郭に関するデータを抽出し、専用のソフトウエアで形状を再構築するものなどがある。前者は三次元レーザースキャナーともいう。3Dスキャナー立体スキャナー三次元デジタイザー3Dデジタイザー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

三次元スキャナーの関連キーワードモビールマッピングシステム3Dレーザースキャナーファブラボ物体

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三次元スキャナーの関連情報