コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三河島事故 みかわしまじこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三河島事故
みかわしまじこ

1962年5月3日夜,東京都荒川区の国鉄常磐線三河島第2架道橋付近で起った列車事故。下り貨物列車が信号を誤認して進行,貨物専用線の車止めの砂利山に乗上げ,下り電車軌道内に脱線,そこへ上野発松戸行き下り電車が現場に進行してきて,脱線,右傾している貨物列車の機関車に接触したため,これも脱線,右傾して停車した。乗客多数は下車して軌道敷内で現場を見ていたところへ取手発上野行き上り電車が進入し乗客をはねて線路下の民家へ突入して停車した。このため死者 160人,負傷者 296人の惨事となった。死者の数は国鉄の列車事故としては鶴見事故に次いで2番目。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三河島事故の関連キーワードJR福知山線脱線事故JR宝塚線脱線事故十河 信二鉄道事故ATS

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android