コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三泣き車 サンナキグルマ

デジタル大辞泉の解説

さんなき‐ぐるま【三泣き車】

の一。車輪は二輪で小さく、梶棒が長く、車台の後方に鉄の荷受け柵を設けたもの。商家丁稚(でっち)などが荷物の運搬に用いた。丁稚は苦労するので泣き、仲仕は職を奪われて泣き、車はきしんで泣くような音を立てるというところからいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんなきぐるま【三泣き車】

〔丁稚でつちは苦労して泣き、仲仕は仕事を奪われて泣き、車はきしって泣くことから〕
荷車の一。車輪が小さく梶棒かじぼうが長く、車台の後方に鉄欄をつけて荷物の支えとする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

三泣き車の関連キーワード荷車

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android