車台(読み)しゃだい

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐だい【車台】

汽車や電車・自動車などの車体を支えている鉄製の台枠。シャーシー。
車両の数。
「辻待ちの馬車も自動車も、働く―が少なくて」〈佐藤春夫晶子曼陀羅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃだい【車台】

車輪の上の、車体を支えている部分。シャーシー。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐だい【車台】

〘名〙
車体の下にあってそれを支え、車輪に連結している部分。また、車輪より上の部分。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉一二「野戦砲の如き車台(シャダイ)に乗せたる即ち六竅の砲にして」
② 車両の数。車の台数。
※新版大東京案内(1929)〈今和次郎〉東京の顔「ラッシュアワーに対して、〈略〉車台も二台、四台、五台六台連結へと努めて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

車台の関連情報