コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三田(さんだ)うど

デジタル大辞泉プラスの解説

三田(さんだ)うど

兵庫県三田市で生産されるウド。やや赤みがかり、上品な香りがあり歯ざわりがよい。大正期に地域産業振興のため当地にウド作りが導入された。品種は「有馬3号」。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

三田うど[根菜・土物類]
さんだうど

近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
三田市で生産されている。うどは、日本原産の植物。昔から薬草として用いられた。兵庫県でのうど栽培は、1916(大正5)年に導入された。昔ながらの栽培技術を継承し、農薬を使わない栽培方法にこだわりをみせる。ひょうごの伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

三田(さんだ)うどの関連キーワード兵庫県三田市近畿地方

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android