三田市(読み)さんだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三田〔市〕
さんだ

兵庫県南東部,武庫川上流域の三田盆地にある市。 1956年三田町,三輪町の2町と高平村,小野村,広野村の3村が合体して三田町となり,1957年相野町を編入,1958年市制。中心市街地の三田は近世九鬼氏3万 6000石の城下町として発展。明治以後は農産物の集散地。第2次世界大戦後は武庫川畔の沖積地へ電機工場が進出,工業団地も造成され近代工業が発達した。周囲の沖積地は県下屈指の穀倉地帯として有名で,灘の清酒用の良質米の産地。三田牛の生産でも知られる。丘陵地は療養所やゴルフ場が多く大規模な北摂ニュータウンの建設など住宅地化が著しい。北西部一帯は清水東条湖立杭県立自然公園に属する。 JR福知山線,神戸電鉄三田線,公園都市線,国道 176号線,舞鶴自動車道が通じる。面積 210.32km2。人口 11万2691(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三田市の関連情報