三番叟を踏む(読み)さんばそうをふむ

精選版 日本国語大辞典の解説

さんばそう【三番叟】 を 踏(ふ)

① (三番叟の尉(じょう)は、盛んに舞台を踏み鳴らして舞うところから) はげしくとんとんと足踏みする。
※雑俳・玉の光(1844‐45)「三番叟ふんで・うめぬさきからせがみ出し」
② (三番叟は能の最初に演じる祝儀的な曲の一つとして舞うところから) 口をきる。最初の役をつとめる。
洒落本・山下珍作(1782)武左「『左様なら、三番(サンバ)そうをふみませふ』『おしゃくをいたしやせう』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android