コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武左 ブザ

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐ざ【武左】

《「武左衛門」の略》田舎侍をあざけっていう語。特に遊里で、やぼな武士についていう。
「―だから泊りはしやせん」〈洒・辰巳之園

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶざ【武左】

〔「武左衛門」の略〕
江戸の遊里で、田舎侍や無骨な武士をあざけっていう語。 「 -が悪洒落新五左がさへぬ演説せりふの色事には茶屋の女も持てあます/洒落本・中洲雀」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

武左の関連キーワード藤川武左衛門(2代)山下又四郎(初代)鹿野武左衛門口伝咄大菩薩峠 第二部吉田藩(伊予国)武左衛門一揆藤川繁右衛門牛股武左衛門筑紫園右衛門野崎 武吉郎鹿野武左衛門日吉[村]惣百姓一揆新五左衛門鉄砲・鉄炮傾城仏の原広見[町]野崎武吉郎飯嶋武雄林家正蔵

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android