三番(読み)サンバ

大辞林 第三版の解説

さんばん【三番】

順序・順位が第三であること。
取組・番組などの数が三であること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐ば【三番】

〘名〙 「さんばそう(三番叟)」の略。

さん‐ばん【三番】

〘名〙
順序が第三であること。第三の順位等級であること。
※捷解新語(1676)五「ばんかたいちばんにばんさんばんまでにわさんにんつつ、そののこりのふねにわ、ににんつつ」
② 能、演劇などの上演回数、碁、将棋、相撲などの勝負の回数が三回であること。
※源氏(1001‐14頃)宿木「さて、うたせ給ふに、三はんに数一つ負けさせ給ひぬ」
③ 平安時代、東宮坊の帯刀(たちはき)の職員。長・籠取(ことり)・籠取腋(ことりわき)の次位。歩射籠取の上位。
※兵範記‐仁安三年(1168)三月九日「帯刀上日〈立坊日以後〉、長二人、〈略〉籠取二人、〈略〉籠取腋二人、〈略〉三番二人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三番の関連情報