コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三笑亭可楽(8世) さんしょうていからく[はっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三笑亭可楽(8世)
さんしょうていからく[はっせい]

[生]1898.1.3. 東京
[没]1964.8.23. 東京
落語家。本名麹地元吉。1世三遊亭円右,8世桂文治,6世春風亭柳枝らの門で修業し,1946年8世可楽となる。江戸前の芸風ながら派手ではなく,滋味のある口調で『今戸焼』『らくだ』などを得意とした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

三笑亭可楽(8世)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門新藤兼人[各個指定]芸能部門中平康ジュネーブ道路交通条約森一生アメリカ・スペイン戦争チェーホフ宇宙開発史(年表)コンゴ動乱

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone