コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三菱500 A10型

1件 の用語解説(三菱500 A10型の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

三菱500 A10型

三菱自動車が乗用車生産の第一歩を歩み出した車であり、当時の通産省の「国民車構想」に呼応し製作された。安価で本格的なコンパクトなファミリーカーを目指し、欧州での市場調査も参考にして開発、スタイルは1/5モデルを作り日本で初めての風洞試験を実施するなど三菱の技術を駆使して、1960年に世に送り出された。合理性を追求したシンプルデザインで当時39万円という低価格で発売された。なお、昭和34年9月の発表会の翌日の新聞には「国民車時代の幕開く40万円を割る新車」、「初めての国民車候補完成」、「工業史に一転期」などと極めてセンセーショナルに取り上げられた。保管場所三菱自動車工業(株)乗用車技術センター   (〒444-8501 愛知県岡崎市橋目町字中新切1番地)
製作(製造)年1960
製作者(社)新三菱重工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(動態)・公開
車名三菱500(A10)
会社名新三菱重工業(株)
製作開始年1960
車種・用途小型4輪乗用車
実車所在/模型三菱自工 岡崎
スタイルセダン
ドア数2ドア
乗員4名
車両重量490kg
エピソード・話題性大衆車時代の到来
構造モノコック
バンパーあり
全長3,140mm
全幅1,390mm
全高1,380mm
タイヤサイズ゙5.20-12
フレームレス
前軸独懸式(トレーリングアーム)
後軸独懸式(トレーリングアーム)
軸距2,065mm
前トレッドx後トレッド1,180×1,170mm
ステアリングラックピニオン
冷却/気筒配列空冷/2直
弁機構OHV
気化器下降ソレックス型加速ポンプ付
内径x行程70×64mm
排気量493cc
最高出力/回転数21PS/5000rpm
燃料タンク容量20L
特徴原動機型式:NE19A
ハイブリッドシステム形式なし
変速機前進3段
駆動方式RR
モード燃費-
参考文献新三菱重工技報VOL.2 No1
その他事項前照灯:横並2灯式(シールドビーム);ワイパー:電動式;足ブレーキ:油圧式全輪制動;手ブレーキ:後2輪制動;比出力:42.6PS/L;最終減速:1,724×3,105;最高速度:90km/h;燃費率:30km/L(30km/h);加速性能(200m)16.7sec;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

三菱500 A10型の関連キーワード乗用車自家用車第一歩一歩を踏み出す新車割引踏出す企業別平均燃費(CAFE)基準三菱自動車インドの自動車市場智頭町の死亡交通事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone