三輪文屋君(読み)みわの ふんやのきみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪文屋君 みわの-ふんやのきみ

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
皇極天皇2年(643)山背大兄(やましろのおおえの)王が蘇我入鹿(そがの-いるか)の軍におそわれた際,側近として王にしたがい生駒(いこま)山にかくれた。東国での再挙を進言するが,王は民をまきぞえにしないよう自害を決意,その言葉を入鹿側の将軍らにつたえた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android