コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪白堤 みわの しろつつみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪白堤 みわの-しろつつみ

?-? 6世紀後半の豪族。
日本書紀」によれば,用明天皇元年(586)穴穂部(あなほべの)皇子が敏達(びだつ)天皇の側近で白堤同族の三輪逆(さかう)を討とうとしたとき,逆の居所を密告した。「大三輪三社鎮座次第」によれば,推古天皇のとき勅により春日三枝神社(現率川神社)をたて媛蹈韛五十鈴媛(ひめたたらいすずひめの)命と大物主神をまつったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

三輪白堤の関連キーワード豪族

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android