コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪白堤 みわの しろつつみ

1件 の用語解説(三輪白堤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪白堤 みわの-しろつつみ

?-? 6世紀後半の豪族。
日本書紀」によれば,用明天皇元年(586)穴穂部(あなほべの)皇子が敏達(びだつ)天皇の側近で白堤と同族の三輪逆(さかう)を討とうとしたとき,逆の居所を密告した。「大三輪三社鎮座次第」によれば,推古天皇のとき勅により春日三枝神社(現率川神社)をたて媛蹈韛五十鈴媛(ひめたたらいすずひめの)命と大物主神をまつったという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

三輪白堤の関連キーワード綾糟漢人夜菩大伴磐乎〓(“獣へん”に「隻」)居葛城広子筑紫葛子漆部兄道君宅部皇子和珥武振熊

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone