コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三輪逆 みわの さかう

1件 の用語解説(三輪逆の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三輪逆 みわの-さかう

?-586 6世紀後半の官吏。
敏達(びだつ)天皇の寵臣(ちょうしん)。「日本書紀」によれば,敏達天皇が没したとき殯宮(もがりのみや)を警備し,皇位をねらう穴穂部(あなほべの)皇子をおこらせた。翌用明天皇元年5月,敏達天皇の皇后炊屋(かしきや)姫(のちの推古天皇)をおかそうとして殯宮に押しいった穴穂部皇子をとどめ,物部守屋(もののべの-もりや)の兵に討たれたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の三輪逆の言及

【物部守屋】より

…また,敏達天皇の死後の殯宮(もがりのみや)では,馬子の姿を矢で射られた雀のようだとあざけり,馬子からはふるえる手脚に鈴をかけよとあざけられた,との話も伝えられている。守屋は,用明天皇(母は蘇我堅塩媛(きたしひめ))の異母弟の穴穂部(あなほべ)皇子(母は蘇我小姉君(おあねのきみ))と親しく,皇子が皇位をねらうのを阻もうとした三輪逆(みわのさかう)を殺した。しかし587年,守屋は群臣から孤立したのを察し,河内の阿都(あと)の別荘に退いて戦いの準備をすすめた。…

※「三輪逆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三輪逆の関連キーワード島根県松江市大草町鹿児島県出水郡長島町蔵之元漢人夜菩石寸名伊勢大鹿菟名子吉士赤鳩吉士金巨勢猿漆部兄三輪白堤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone