三遷の教え(読み)さんせんのおしえ

精選版 日本国語大辞典「三遷の教え」の解説

さんせん【三遷】 の 教(おし)

(「列女伝‐母儀鄒」から) 孟子の母が、孟子を教育するために、より適した環境を求めて三度その居を変えたこと。転じて、母が子を教育するのに用意周到であることのたとえ。孟母三遷三遷
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)四「儒者のせいでかなわぬこと也。ここが我が子ををかうする所よ。を三迁(セン)の教と云ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android