コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孟母三遷 モウボサンセン

2件 の用語解説(孟母三遷の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

孟母三遷

孟子の母が、環境が子に与える影響を考えて、墓地の近くから市の傍らへ、さらに学校の傍らへと居を三回遷したことから。また「孟母断機」は、学業半ばに帰宅した孟子に、織りかけの機糸を断って、学成るまで勤めるよう諭したことから。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孟母三遷
もうぼさんせん

中国、戦国時代思想家孟子の母が、孟子の教育のために三度も住居を遷(うつ)ったとの故事をいう。漢の劉向撰(りゅうきょうせん)の『列女伝』一に、孟母は初め墓地の近くに居を定めたが、孟子が葬式のまねばかりするので、市場の近くに転居した。すると今度は商売人のまねをして遊ぶので、ここもわが子のためにふさわしい所ではないと、学校のそばに居を移すと、孟子が喜々として礼儀作法のまねをするようになったので、孟母はこここそがわが子のいるべき所だといって、ついにここに住居を定めたと伝える。[田所義行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の孟母三遷の言及

【孟子】より

…孔子の生地に近い鄒(すう)(山東省)の人。幼少のころ,母親が教育環境を配慮して三たび転居したこと,いわゆる〈孟母三遷〉,遠く遊学した孟軻が帰省するや母親が機(はた)を断ち切って学業を中断すべからざるを説いたこと,いわゆる〈孟母断機〉は,広く知られた伝説である。孔子の孫の子思の門人に学び,儒学に通じてのち,斉の宣王に仕え,王道の理想を説いた。…

※「孟母三遷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

孟母三遷の関連キーワードサステナビリティ・レポート人工重力門前の小僧習わぬ経を読むGEMS繁殖試験田園環境整備マスタープラン蔵ぐせいきものみっけ調査BI(ブリンクマン)指数ローインパクト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

孟母三遷の関連情報