コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孟母三遷の教え モウボサンセンノオシエ

デジタル大辞泉の解説

孟母(もうぼ)三遷(さんせん)の教え

《「古烈女伝」母儀・鄒孟軻母から》孟子の母は、はじめ墓場のそばに住んでいたが、孟子が葬式のまねばかりしているので、市場近くに転居した。ところが今度は孟子が商人の駆け引きをまねるので、学校のそばに転居した。すると礼儀作法をまねるようになったので、これこそ教育に最適の場所だとして定住したという故事。教育には環境が大切であるという教え。また、教育熱心な母親のたとえ。三遷の教え。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もうぼさんせんのおしえ【孟母三遷の教え】

〔「列女伝」から。孟子の母が、はじめ墓所の近くに住んでいたところ、孟子が葬式のまねをして遊ぶので市中に引っ越した。今度は商売のまねをするので学校のそばに引っ越した。すると礼儀作法をまねたのでそこに居を定めたという故事〕
教育には環境からの感化が大きいという教え。三遷の教え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

孟母三遷の教えの関連キーワード孟母市中

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android