三阿僧祇劫(読み)サンアソウギコウ

デジタル大辞泉の解説

さん‐あそうぎこう〔‐アソウギコフ〕【三×阿僧××劫】

仏語。菩薩(ぼさつ)が仏果を得るまでの段階を三つに分けたもの。50の修行段階のうち、十信・十住・十行・十回向を第1阿僧祇劫、十地のうちの初地から七地までを第2阿僧祇劫、八地から十地を第3阿僧祇劫とする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐あそうぎこう ‥アソウギコフ【三阿僧祇劫】

〘名〙 仏語。菩薩が発心してから悟りをひらくまでの五十位の修行に要する期間。菩薩の階位、五十位を三期に分けて、十信以下の四十位が第一阿僧祇劫、十地の初地より第七地までが第二阿僧祇劫、第八地より第十地までが第三阿僧祇劫であるという。三阿僧祇。三祇
※正法眼蔵(1231‐53)発菩提心「菩提心をおこしてのち、三阿僧祇劫、一百大劫修行す」 〔釈氏要覧‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android