コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十地 じゅうじdaśa-bhūmi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

十地
じゅうじ
daśa-bhūmi

菩薩が修行して経過すべき 52位の段階のうち第 41位から第 50位までの 10位をいう。菩薩思想の発展とともに大乗仏教で強調された重要な修行論。名称,数などが初めから一致していたわけではないが,竺法護によって漢訳された『漸備一切智徳経』 (297) では,すでに十地思想がはっきり確立していたことがわかる。十地として確立した名称は歓喜地,離垢地,発光地,焔慧地,難勝地,現前地,遠行地,不動地,善慧地,法雲地である。その内容については大乗諸経論中で論じられている。特に,唯識関係の論書では,十地において認識上の 10種の障害が取除かれ,それぞれの段階で 10種の波羅蜜 (→十波羅蜜 ) が実践されると説く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐じ〔ジフヂ〕【十地】

菩薩(ぼさつ)が修行しなければならない52の段階のうち、第41位から第50位までの階位華厳経では、歓喜地・離垢地・発光地・焔慧地・難勝地・現前地・遠行地・不動地・善慧地・法雲地。ほかに、声聞(しょうもん)や縁覚(えんがく)の十地などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうじ【十地】

仏教を修行する過程での10の境地・段階を指す。サンスクリットdaśa‐bhūmiの訳語であるが,他に〈十住(じゆうじゆう)〉とも訳されている。しかし,十住は十地よりも低い段階を指している場合もある。仏教経典中には何種類かの十地が説かれているが,もっとも代表的なものが〈菩薩(悟りを求め修行している人)の十地〉で,悟りの境地すなわち仏となる直前に経過しなければならない10段階の総称である。またその最後の第十法雲地(ほううんじ)を略して十地ということもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうじ【十地】

〘仏〙 菩薩の実践の段階を一〇に分けて示したもの。華厳経などでは五二位のうち四一位から第五〇位にあたる歓喜地・離垢りく地・発光地・焰慧えんこ地・難勝地・現前地・遠行地・不動地・善慧地・法雲地の称。他に大品般若経の十地、声聞しようもん・縁覚の十地などもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

十地の関連キーワード慧遠(隋時代の僧)十住毘婆沙論三阿僧祇劫十地経論五十二位菩提流支東山湛照摂大乗論大日如来智観女王秘密灌頂三賢十聖梵網経十地経華厳宗地論宗万寿寺世親慧光初地

十地の関連情報