コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三陸津波 さんりくつなみSanriku Tsunami

海の事典の解説

三陸津波

三陸海岸は、世界で一番津波の被災記録の多い地域で、有史以来17回の被害をともなう津波の襲来を受けている。これは沖合いに活発な地震帯を持つことと、 リアス式海岸で多くのV字湾を持つことによる。特に、1896年の明治三陸津波、1933年の昭和三陸津波は、近年わが国で起きた最大の津波であり、通 常、三陸津波という言葉でこの二つの津波を指す。 (永田

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

三陸津波の関連キーワード明治三陸地震津波津波地震唐丹湾

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三陸津波の関連情報