コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地震帯 ジシンタイ

百科事典マイペディアの解説

地震帯【じしんたい】

地震の特に多く発生する帯状の地域。世界的には環太平洋地震帯と地中海沿岸からヒマラヤ地を経てマレー,インドネシア諸島へぬける地震帯とが代表的。プレートテクトニクス理論では帯状分布はプレート境界に沿う。
→関連項目アンデス[山脈]三陸沖地震地震

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じしんたい【地震帯 seismic zone】

多数の地震の震央を地図に書きこむと,震央が帯状に分布する地域が見られることがある。これを地震帯という。全世界の震央分布図には環太平洋地震帯,ユーラシア地震帯,中央海嶺に沿う地震帯などが見られるが,このような大きなスケールの地震帯は,プレートテクトニクスにおけるプレートの境界に当たる。日本列島は全体として環太平洋地震帯に含まれるが,細かく見るとその中でも地震の分布にはむらがある。かつては,このむらのうち帯状に見える部分をとりあげて,例えば信濃川地震帯というような名をつけた時代があったが,地震の分布は時間的に変化することもあり,小さいスケールの地震帯を考えても無意味であることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じしんたい【地震帯】

地震が頻繁に発生する帯状の区域。環太平洋地震帯など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

地震帯の関連キーワード千島・カムチャツカ海溝プエルト・リコ海溝アリューシャン列島沈み込みプレートアレウト[列島]ロモノーソフ海嶺和達=ベニオフ帯和達ベニオフ面コペトダグ山脈東インド洋海嶺環太平洋火山帯環太平洋造山帯サイスミシティアルジェリア環太平洋地帯大洋中央海嶺タブリーズニカラグアオセアニア新期造山帯

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地震帯の関連情報